恐るべしポケトーク

フリーランス翻訳者のERIKOです。

この間、Google翻訳などの機械翻訳に対する恐怖のお話をしたのですが、また恐ろしい影が忍び寄ってきました。

ポケトークって知っていますか?

片手に収まる小さい端末を購入して、多言語の通訳をその場でできるようにしてくれるサービスです。

TVでみたのですが、その時は、美容院で使われていましたね。

店員さんが「今日はどのような髪型にしますか?」と日本語でしゃべったものを、そのポケトークの端末が他の言語に変換してしゃべってくれるのですよ。

どうやらSIMを入れるようなので、どこかと通信していると思うのですが、まさか、その先で通訳者の人間がしゃべっているわけではないですよね・・・・。

そうであってくれれば、翻訳者、通訳者のお仕事はまだ安泰かもしれませんが、そんなはずはない。泣

 

なんだか、翻訳者や通訳者が悲しくなるニュースばかり耳に入ってきます。

最近はAIの話もよく出ますし、言語の微妙なニュアンスもAIが学習して翻訳、通訳できるようになってしまうのかもしれません。

結局、人間の脳も、知らなかった言語をたくさん浴びて、いつの間にかその言語を話すようになるので、多分学習ができる機械であれば、できちゃうんですよ。

それどころか、人間よりも速く、汎用性を持った言語習得ができてしまいそうです。さらに多言語でそれが可能になってしまうという・・・。

 

なんか、こう、海外旅行者のアテンドとか、英語だけではない何かと一緒にサービスを行う仕事を考えていかないと、先行きが暗すぎますね。

 

翻訳と通訳

こんにちは、ERIKOです。今回は翻訳と通訳の違いについてお話しようかと思います。まあ、英語を訳するっていう共通点はあるものの、文章とはなし言葉なのでほぼ別物ですよね。

私もまだまだ新米の翻訳者なので、日々勉強の毎日です。前回Google翻訳の制度が上がった危機感について書いたのですが、通訳の方でも自動化の波は来ています。でも翻訳ほどの危機感はないようです。

「メガホンヤク」という機械をご存知でしょうか?簡単にいうとメガホン型の翻訳機でして、成田空港に導入されています。そのメガホンに向かって日本語を話すと、英語、中国語(北京語)、韓国語に翻訳されてメガホンから声がでるんだとか・・・。これだけ聞くとなんだか凄そうですが、実は初めからメガホンに登録された文章に置き換わるというもの。簡単にいうと、音声の自動翻訳機(メガホン型)というものです(笑)。

別に通訳機ではないそうです。しかし、なんだか将来完璧な通訳機が登場してもおかしくない時代になりそうです。
でもまってください、もし完璧な通訳機ができたとして・・・メガホンじゃなくても、スマホなどマイクを通してのコミュニケーションになるので、それってどうなんでしょうか?

訳するまでのタイムラグや、即翻訳されたとしても、自分の声と機械の声が被っちゃいませんかね?後、微妙なイントネーションとか、疑問は尽きません。まあ人工知能とかあるので、今後どうなるかはわかりませんけど。

私は英語を話すことも、そこそこできますが、今のところはひたすら翻訳の腕を磨くのみです。